2021.05.23アロマのある生活

梅雨も元気に 爽やかアロマ

湿気が多く、蒸し蒸しした日が続いていますね。
暑い日と涼しい日の寒暖差、気圧の変化等から、なんとなく体がだるい、疲れやすい、という体調不良を感じる方もいらっしゃいますよね。
どんよりしがちな梅雨時期を気持ち良く過ごすため、アロマを使ってみませんか。爽やかなさっぱりとした香りがおすすめですよ。

梅雨には、爽やかな香りをブレンドして

梅雨におすすめのアロマブレンドがこちら。手軽に手に入る香りです。

  • ローズマリー
  • ペパーミント
  • グレープフルーツ

花言葉「追憶」 集中力アップのローズマリー

お料理にも愛用されているローズマリー。繁殖力が高く、土壌も選ばない強いハーブです。
葉から抽出したアロマになります。
シェイクスピア「ハムレット」の中で、オリーフィアがハムレットに「私のことを忘れないで」と渡した小枝がローズマリーです。
ローズマリーの花言葉は「追憶」。
スッキリしたスーッとした香りは確かに忘れ難く、シャキッと集中力を高めてくれます。

梅雨の虫除けにも、ペパーミント

別名「西洋薄荷」。
生命力が非常に強く、1株植えるとあっという間に繁殖します。
爽やかで清涼感のある香り。気を引き締めてくれます。
成分の1・8シネオールは殺菌・消毒、殺虫効果もあり、虫が気になるこの時期に重宝されます。
花言葉は「永遠の爽快」。

幸福感いっぱいのグレープフルーツ

学名はCitrus paradisi。その名前の通り、まるでパラダイスを想像するような元気いっぱいな香り。
原産地としてはフロリダが有名です。
太陽がいっぱい降り注ぐフロリダで育ったグレープフルーツはフレッシュで、果実味溢れる爽やかな香りで、私たちを癒してくれます。
果実も大きいですが、葉も大きく、スケールの大きさを感じます。
光毒性があるため、皮膚についたら日を浴びないように注意してください。

アロマスプレーの作り方

上記のアロマオイルを準備します。もちろん単体でもOkです。
無水エタノール:アロマは100:1くらいの割合にしましょう。
例えば、無水エタノール30mlだったらアロマは0.3ml。
(ドロッパー付きのアロマオイルは1滴が0.05ml弱です)。
ボトルに入れたら混ぜてよく振ってください。
エタノールベースなので、お部屋やお風呂場のお掃除にもおすすめです。
気分スッキリ、快適に梅雨時期を乗り越えたいですね。

Aroma de Cheerupでは、現役医師Hiroと一緒にオリジナルアロマ香水を創るレッスンをしています。テーマは「嗅覚から元気になる」。詳しくはHPをご覧ください。