2020.08.14アロマの知識

天然精油と合成精油

Aroma de Cheerupでは、天然100%の精油のみを使用して香水を創ります。

天然香料とは、自然界に存在している動物や植物から抽出したものです。
それだけに、希少価値が大変高いのです。
例えば、女性に人気のローズ。
天然精油ローズ1滴を抽出するのに、どれだけの薔薇の花が必要になるでしょうか?

なんと、50本です!
50本の薔薇の花から、やっと精油1滴。
ありがたみを感じます。

天然香料の特徴

  • ナチュラルな香り
  • 香りの持続時間が短い
  • 天候や環境によって収穫量が影響される
  • 絶滅危惧種に指定されている植物や動物から採れる精油もある
  • 収穫に手間やコストがかかる
  • 値段が高い

それに対して、合成香料とは、科学的に製造したものや、天然香料から特定成分を化学的に抽出したものです。
合成香料にも良さがもちろんあります。

合成香料の特徴

  • 人工的に作られた香り
  • 香りの持続時間が長い
  • 天候に左右されない
  • 大量生産が可能
  • 値段が安い

天然香料と合成香料、どちらが安全、どちらが良いとは一概には言えません。
合成香料は「国際香粧品香料協会(IFRA)」という国際的な組織が作っている基準があり、それに適合するもののみが使われています。
そのため、安全性は確保されていると言うこともできます。
一方で、天然香料ならば安全、というわけではありません。
皮膚につくと腫れたりすることもありますし、妊婦には使用できないものもあります。

天然精油・合成精油、それぞれの良さを理解した上で、用途に応じて選んでいきたいですね。