2020.07.31アロマの知識

ケルンの水

ベルガモットを使用した、歴史に残る香水があります。

オーデコロンはフランス語でEau de Cologne。訳すと、ケルンの水。
つまり、オーデコロンという言葉も、「ケルンの水」に由来しているのです。

ケルンで作られた、最古のオーデコロンが「4711」。
今日は、ケルンの水のレシピについてもお伝えします。

1792年10月8日、ドイツ・ケルンのグロッケンガッセでのこと。ミューレンス社の創始者であるウィルヘルム・ミューレンスは、婚礼の祝福として修道士から一枚の羊皮紙を授かりました。そこに記載されていた処方に従って製造したのが、“アクア・ミラビリス(不思議な水)”。4711オーデコロンは、世界初のオーデコロンとして誕生しました。
http://www.4711.jp/history.htmlから抜粋
     

その後、ケルンの町はナポレオンにより占拠され、フランス軍はケルンの建物全てに番号を付けました。
「4711」は、ミューレンスのお店の建物の番号だったのです。
当時の建物は第二次世界大戦で失われてしまい、その後に再建されました。
店内には湧き出る香水があり、観光名所になっています。

ケルン大聖堂

では、ケルンの水に含まれているベルガモットについてお伝えします。

ベルガモット Citrus bergamia

アールグレイの香り付けに使われているベルガモット。
ビターオレンジとライムを交配して誕生した、と言われています。

ベルガモットの歴史

名前は、最初に栽培されたイタリアの都市‘ベルガモ’に由来しています。ベルガモは、山の多い街。
現在の産地で有名なのは、イタリア南部のカラブリア地方です。アフリカからの温かい風の吹く、海の見える美しい街です。

植物データ

[原料植物名]Citrus bergamia
[科名]ミカン科
[主な産地]イタリア
[季節]初夏、秋

精油データ

[主な抽出部位]果皮
[精油抽出法]圧搾法
[成分]リモネン、酢酸リナリル

花言葉

贅沢、非日常、特別な時間、新種、奇跡

爽やかで特別感の漂うベルガモット。

ケルンの水 レシピ

  • ベルガモット10滴
  • オレンジスイート3滴
  • レモン3滴
  • ラベンダー2滴
  • ローズマリー1滴
  • もしあればネロリ1、2滴
    これらの精油を、無水エタノール10mlに混ぜます。

4711オーデコロン、是非創ってみてください。

【お知らせ】Aroma de Cheerupは、現役医師でもあるHiroと一緒に香水を創るレッスンを開催しております。お気軽にお問い合わせください。
こちらのページも合わせてご覧ください。