2020.10.07アロマ de ポジティブ

植物はなぜ香りを持ったのか

Aroma de Cheerupでは、天然100%アロマのみを使っています。

植物の香り。それは自然の恵みです。自然からの贈り物です。

今回は、植物目線で考えてみましょう。植物自身にとってはどうなのでしょうか?なぜ、香りを持っているのでしょうか。

まず、人間と植物の歴史を考えてみましょう。

最古の人類と考えられている、猿人(アウストラロピテクス)は400万年以上前に出現。現在の人類に近いホモサピエンスが生まれたのが20万年ほど前と考えられています。

それに対して植物は5億年前から生存していました。人間よりはるかに長い歴史を持っているのです。

はるかに長い歴史を持っている植物。人間を含む動物とは大きな違いがあります。

そう、植物は動けないですね。もしくは、動かないですね。

植物は動けないので、自ら栄養を作るしかありません。
そこで、光合成をするようになりました。
太陽の光を浴びて、水と空気中の二酸化炭素から、酸素とデンプンなどを作る、という働きです。

さらに、植物は動けないので、敵が来ても逃げられません。
いろんな種類の敵がいます。
動物に食べられてしまうかもしれないし、土の中の菌にやられてしまうかもしれません。同じ植物に負けて土の中の栄養を取れなくなることもあります。

過酷な環境の中で植物は、逃げずに自分を守るにはどうしたら良いか?と考えて進化を遂げました。
動物に食べられないようにするには、味をまずくし、もしくは毒を持つ必要があります。辛かったり、苦かったりすれば、二度と食べないって思われますよね。
菌や他の植物に対抗するために、成長を阻害するための成分を作るようになりました。

植物の進化も、弱肉強食の世界なのです。