2021.02.14アロマのある生活

バレンタイン香水 ベンゾインで甘さをブレンド

あっという間に2月も半ば。
今日はバレンタインでしたね。

バレンタインに合わせての香水。
Aroma de Cheerupでは天然100%精油のみを使っています。
さて、アロマで甘さを表現したい時、どんなアロマを使うでしょうか?
答えは、バニラ、もしくはベンゾインを使います。
バニラは馴染みがありますよね。

ベンゾインってどんなアロマ?

ベンゾインは、樹脂から採れるアロマです。粘稠度が高くてとろっとしています。気温が低いと固まってしまうこともあります。
(固まってしまったら湯煎して温めてくださいね)。
和名は、安息香。名前の通り、呼吸を楽にしてくれる香りです。
バニラのように甘くて、香りを嗅ぐとふわっと優しい気持ちになれます。

ベンゾインには何をブレンドする?

ベンゾインは、スパイス系との相性が抜群。例えば、シナモン、カルダモンなど。オリエンタルな香りがします。
今回、バレンタイン用に、ベンゾインに足したのはジンジャー。
ジンジャーは、甘さだけでなくスパイシーさも持ち合わせています。

さらに、ベンゾインは柑橘との相性も良いです。レモンやオレンジとのブレンド、おすすめです。
チョコレートにオレンジをかけたお菓子(オランジェット)、美味しいですよね。あんな香りがします。

さらに、いくつかのスパイス系のアロマを足しました。
甘さを演出したいバレンタイン香水にベンゾイン。いかがでしょうか?

Aroma de Cheerupは、調香レッスンをおこなっています。
お問い合わせお待ちしております。